チャットあるある(。・ω・。)こんな時どうする?

こんにちは(*゚▽゚*)

名古屋・岡崎・三河のライブチャット事務所
ジュエル名古屋の松田です

ブログをご覧頂きましてありがとうございます!

——————————–

今日はもうすぐ半年働いてくれているMちゃんがこんな質問をしてきてくれましたのでご紹介します(*゚▽゚*)

Mちゃんは仲良くさせていただいているお客様から
「今度○○○一緒に行きましょう!」とお誘いを受けたそうです。

Mちゃんはどうしていいか分からなくて困ってしまったそうな・・・(。・ω・。)
お客様は、「返事は急がなくていいからゆっくり考えてねと」言ってくださったそうです。

まず、ここで一つ再確認しておかなければいけないのは

ライブチャットサイトでは、お客様とチャットレディが直接会うことは禁止されているということ。

なので、Mちゃんは困ってしまったんですよね(。・ω・。)
さて、ではこうゆうとき、どうすればいいのか?

メリット・デメリットをふまえてご説明させていただくので、自分に合った方法を見つけたり参考にしてみてくださいね☆

①きっぱり断る

お客様のお誘いに対して、「ごめんなさい、それはできません。」ときっぱり断る。

メリット→お客様からは今後そのようなお誘いは受けないのでチャットレディとしては気持ち的に楽になります。

デメリット→お客様を傷つけてしまいます。お誘いをするということはお客様からしてみれば、断られるかもしれない・・・という不安と隣り合わせ。どんなに仲良くさせていただいているお客様でも、今後INされなくなってしまう可能性もあります。

②やんわり断る

お客様からのお誘いに対して、「本当は行きたいけど・・・禁止されているのでごめんね。」と断りを入れる。

メリット→チャットレディ本人としてというより、サイトの決まりがあってできないということを説明しているのでお客様も納得してくれやすい。

デメリット→サイトの決まりがあったとしても、チャットレディと仲良くなる為に時間とお金を使ってくれているお客様の期待を裏切ることになる。今までよりも疎遠になる可能性が高い。

③同意する(会う)

メリット→お客様は嬉しいですし、チャットレディのことがもっと好きになる。

デメリット→直接会った場合、サイトの規約違反。お客様もチャットレディも今後そのサイトにログインできなくなる可能性があります。ダメなことはいつかバレます。会ってしまえばお客様は直接会ったほうが良くなるのでチャットにはINしなくなります。

④同意して、行かない

お客様からのお誘いに、その場を乗り切る為だけに「いいですよー!」と同意する。

メリット→その場は盛り上がります。お客様は嬉しくて約束の日まで頻繁にINしてくれるようになります。

デメリット→その場だけでもという優しさは、お客様から言わせてみれば詐欺行為にあたります。