もうすぐ母の日( *´艸`)

こんにちは☆
愛知県の高収入ライブチャットプロダクション
ジュエル名古屋のまっつんです(*´ω`*)

題名にも書かせて頂いた通り、5月の第二日曜日は母の日ですね☆
私も小さい頃、100円玉を数枚握りしめて近所のお花屋さんにカーネーションを買いに行った思い出があります。

お花も結構なお値段しますよね。
たしか、2本くらいしか買えなくてお店の人がおまけしてくれた記憶が・・・w

まぁ・・・何十年も前の話なんですがww

------------------------

ところで、なぜ母の日に贈るのが赤のカーネーションなのか知っていますか??

母の日にカーネーションを贈るという習慣はもともとアメリカの風習だったようです(*’▽’)
説は色々あるようですが、日本では「赤」が主流ですよね☆

赤のカーネーションが選ばれるのは、その花言葉からくるもののようです☆

赤色

hahanohi

「母の愛」
「母への愛」
「純粋な愛」

さすが定番の赤色。花言葉の意味が一番しっくりきますね(*´ω`*)
母への愛という意味合いは、もらう母親としては凄く嬉しいのではないでしょうか?

※ただし、濃い赤色のカーネーションは、『私の心に哀しみを』といった全然違う意味合いになるので気を付けた方が良いみたいです。

ピンク

16721599_l1

「感謝」
「上品・気品」
「暖かい心」
「美しい仕草」

こちらも感謝の贈り物としてはぴったりですね(*´ω`*)
見た目も可愛いので、可愛い雰囲気のお母さんには良いかもです☆

=====ここからは気を付けて欲しい色=====

d0170835_759168

「尊敬」
「純潔の愛」
「私の愛情は生きている」
「愛の拒絶」

白色のカーネーションは、亡くなった母親に贈る色の意味があるそうです。
白のカーネーション綺麗だなって思っても、他の色にしたほうが良さそう”(-“”-)”

黄色

packs

「軽蔑」
「美」
「嫉妬」
「愛情の揺らぎ」
「友情」

軽蔑とか・・・嫉妬とか・・・・間違っても母親に渡しちゃまずいですよね(;´・ω・)
絶対ショック受けちゃいますよ・・・

母親が黄色が好きでも、黄色は避けてあげて下さいww