チャットガールにも必要かも!?正しいワガママの身に付け方

こんにちは
愛知県の高収入ライブチャットプロダクション
ジュエル名古屋のまっつんです☆

まっつんちゃんりお

人気のチャットレディの女の子達を見てみると、お客様からずっと愛され、そしてとても大事にされています。
でも、そんな彼女達、大きな声では言えませんが、

実はちょっとだけ、ワガママなこと言っちゃってたりするんですよ>(`・ω・´)小声

ええええええええええぇぇぇ( ゚Д゚)!?
って感じですよね。

でも、そのワガママっぷりが愛される秘訣☆

ここで間違っちゃいけないのは、

間違ったワガママ正しいワガママの違いです。

正しいワガママとは、自分がどうしたいのか、なにをしたいのか、はっきり自覚していなくてはいけないですし、
そしてそれをきちんと相手に理解してもらえるよう伝えるコミュニケーション力があることが大切。

女の子の中には、自分の感情や考えを表に出すことが苦手な子も多いです。

だけどね、「相手の人のことを考えて・・・」という気持ちも、もちろんとっても大切だけど、自分の気持ちをはっきり伝えることも同じくらい大事☆

ライブチャットで間違いがちなのは、お客様の言うことをなんでも「はいはい」と受け入れていれば、お客様は喜んでくれていると勘違いしてしまうこと。

中には、なんでも俺の言うとこを聞いてくれて、この子はとってもいい子!
と、思って下さるお客様もいらっしゃるかもしれません。

だけど・・・
これって・・・

本当にそれでいいのかな(´・ω・`)?


確かに、お客様からのお願いは出来るだけ叶えてあげたいと思うもの。

人気のあるチャットレディの女の子は、お客様のことを本当に大切に想うことが出来るでしょうし、もちろんお客様からのお願いだって精一杯頑張ってみよう!応えてあげたい!という気持ちになると思います。

そのうえで、お客様があなたのワガママを理解してくれて、受け入れてくれるのです。

ただ、自分のお願いばかりを聞いてもらうというのは違いますよ(´・ω・`)?

相手にものすごく負担をかけてしまうお願いではなくて、「もうちょっと一緒にいたいな・・・・」というような、お客様からも「しょうがないな~」と思ってもらえるような可愛いワガママであることも大切です。

もちろん、「~して!」とか「~してくれなきゃ嫌!」とかそういった一方的なワガママじゃないですよ?

「〇〇さん、無理言ってごめんね」といった気遣いはもちろん大事。

心からの「ありがとう」の気持ちは忘れずに伝えて下さいね(*´ω`*)